なぜ効くのか

鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、
ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけると考えられています。

こんな症状に

さまざまな症状に効果がある鍼治療ですが、その中でも特に有効であると実感しているものをご紹介いたします。

慢性疲労

原因不明の微熱、倦怠感、気力喪失といった慢性疲労で悩まれている方は、深部に凝りがあります。
鍼治療によって深部の凝りにアプローチし慢性疲労を改善していきます。

慢性疼痛疾患

腰痛、五十肩、坐骨神経痛、鎮痛剤を長期にわたって使用しているが改善に向かっていない方。

膝関節症

膝に水が溜まり、痛みがあり歩行が困難な方。

浮腫(むくみ)

冷えを伴った下肢のむくみの方には、全身治療により水分排出を促しむくみをとります。

原因不明の歯の痛み

原因不明の歯の痛みは関連痛と言われ、歯が原因ではなく、神経の痛みによることがあります。
そのため鍼灸治療を行うことにより治ることがあります。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は鍼が最も有効であるといわれております。

不妊治療

女性鍼灸師による治療であるため、安心して治療を受けて頂けます。

アンチエイジング

小じわ、たるみ、肌のくすみでお悩みの方。
全身治療により、内臓機能を高めて細胞機能を活発にし、硬くなった顔面筋に直接にアプローチすることで治療していきます。

適応例

NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸治療の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として有効であると発表しました。 WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気は次のものを挙げています。