Acupuncture menu 鍼灸メニュー

保険適用の6疾患

次の病気については鍼灸で健康保険がうけられます。

1. 神経痛 病気の範囲が広く、身体のあらゆる場所の慢性的疼痛に適用され得ます。
2. リウマチ 病院にてリウマチと診断されたものにかぎります。
3. 頚腕症候群 頚部(首)、肩関節、上肢(腕)の筋肉や靭帯から発生する痛みなどです。
4. 五十肩 肩の関節が痛く腕が挙がらないものなどです。
5. 腰痛症 腰の痛み、重だるさ、下肢への関連痛等です
6. 頸椎捻挫後遺症 いわゆるむち打ち症の後遺症です。

保険で鍼灸治療を受けるには?

鍼灸で適用される「療養費支給」は、保険医療機関の窓口に被保険者証を提示して診療を受ける「現物給付」とは異なります。
「療養費支給」は、患者さんが保険医療機関の医師の同意を得て鍼灸治療を受け、 治療費を保険医療機関に全額払った上で、患者自身が保険者に医療費を請求し、一定額が払い戻されるという制度です。

申請には以下の書類が必要です

保険制度画像